TEL:086‐272‐1372

FAX:086‐272‐1359

〒703‐8278
 岡山市中区古京町1丁目5‐10

QRコード

▲携帯からのアクセス▲

g	ご挨拶 表示

氏平徹院長からのご挨拶

 アクセスいただきありがとうございます。

 私、氏平徹は昭和32年、岡山市で生まれました。

 昭和51年に岡山大安寺高校を卒業、昭和57年に順天堂大学医学部を卒業してすぐに、郷里の岡山大学医学部第二内科に入局し、内科医として研修を始めました。

 昭和63年、当時の国立岡山病院で循環器内科の研修に入り、西崎良知先生、三河内弘先生らのご指導を受けました。平成 3年から香川県厚生連滝宮総合病院で循環器科設立に携わることが出来ました。

 平成7年に岡山に戻り、岡山市立市民病院に勤務、平成9年から岡山赤十字病院の循環器科に勤務。岡山大学循環器内科と連絡を取りながら研究活動も続け、平成15年から岡山赤十字病院循環器科部長を拝命しました。

 救急医療現場の臨床経験だけでなく、産業医や医療技術部長としての病院組織管理、また学会活動の経験を積みましたが、改めて地域医療の大切さを認識し、平成23年12月から父と共に氏平医院で診療に専念し、平成27年6月には院長に就任しました。

 岡山大学から医学博士の称号を賜り、日本循環器学会認定循環器専門医、日本内科学会認定医、日本呼吸器病学会認定医、日本心血管インターベンション治療学会専門医の資格を持ち、得意分野は循環器と呼吸器からみた健康管理です。

 最新の薬物療法はもとより、患者さまの自覚症状や検査結果異常から健康管理に役立つ情報を見つけだし、生活の質を高めるお手伝いをさせていただきたいと思います。

循環器疾患とは」

 全身に行きわたる血管と心臓の病気からなりますが、動脈硬化症や糖尿病、高血圧、腎臓病、ホルモン異常もかかわり、脳卒中、脳梗塞など脳血管障害も含めて殆ど全身の病気が対象になります。

 慢性の病気も多いことから、急に調子を崩すことも稀ならずありますので、いつでもご相談に乗れるように準備しています。


氏平 徹(うじひら とおる) 経歴

氏平徹医院長

  昭和32年岡山市生まれ

学歴

  • ・昭和51年3月 岡山県立岡山大安寺高等学校卒業
  • ・昭和57年3月 順天堂大学医学部卒業

職歴

  • ・昭和57年 岡山大学医学部附属病院第二内科 研修医
  • ・昭和58年 香川県三豊郡詫間町立国保永康病院 内科医員
  • ・昭和60年 岡山大学医学部附属病院第二内科 医員
  • ・昭和61年 岡山県小田郡矢掛町国保病院 内科医員
  • ・昭和63年 国立岡山病院地方循環器病センター内科レジデント
  • ・平成 3年 香川県厚生農業協同組合連合会滝宮総合病院内科医長
  • ・平成 7年 岡山市立市民病院 内科医長
  • ・平成 9年 総合病院岡山赤十字病院 循環器科副部長
  • ・平成15年   同上  循環器科部長
  • ・平成20年   同上  医療技術部長を併任
  • ・平成23年12月 氏平医院 副院長
  • ・平成27年 6月 氏平医院 院長

資格

  • ・平成 2年 日本内科学会認定医
  • ・平成 3年 日本呼吸器病学会認定医
  • ・平成 5年 岡山大学医学博士
  • ・平成 7年 日本循環器学会認定循環器専門医
  • ・平成14年 日本心血管インターベンション学会専門医、認定指導医
  • ・平成22年 日本心血管インターベンション治療学会専門医

学会活動

  • ・日本心血管インターベンション治療学会中国地方会維持会員
  • ・日本循環器学会中国地方会 評議員

教育歴

  • ・平成14年〜平成20年3月 岡山大学医学部臨床講師
  • ・平成20年〜平成24年3月 岡山大学医学部臨床准教授

所属学会

  • ・日本内科学会
  • ・日本循環器学会
  • ・日本心血管インターベンション治療学会
  • ・日本高血圧学会
  • ・日本呼吸器病学会
  • ・日本救急医学会
  • ・日本サルコイドーシス学会